読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Goのことはじめ その3:IntelliJ IDEAでGoを書くために

IntelliJ IDEA Go

はじめに

これまでNode.jsやPythonではVimを使ってきましたが、WebStormなど優秀なIDEが登場してきたこともあり、Goをお仕事で書くタイミングでそろそろIDEにも慣れておきたく、IntelliJ IDEAを使うことにしました。

IntelliJ IDEA(インテリジェイ アイディア)とは

チェコに本社を置くJetBrains社が開発した、Java言語など多言語対応の統合開発環境です。
EclipseNetBeans の競合に当たりますが、Javaに関していえば、周りのエンジニアはこちらを使っている人が多いです。

Community(無償版) or Ultimate(有償版)

Golangはデフォルトではサポートされていませんが、IntelliJのための下記プラグインを使うことでGo言語に対応させることができます。
github.com

Goを書くだけなら事足りるので、迷わず無償版を選択します。もちろんライセンスを購入できるなら有償版でもかまわないかと思います。
詳しい違いはこちらにあります。

インストール

下記からダウンロードして展開してもいいですが、今回はbrew-caskでインストールします。
www.jetbrains.com

もしbrew caskがない場合は下記コマンドで準備します。

% brew tap phinze/homebrew-cask
% brew install brew-cask
% brew tap caskroom/versions

brew caskの準備が整ったら"intellij"で検索します。

% brew cask search intellij
==> Partial matches
caskroom/cask/intellij-idea  intellij-idea-ce             intellij-idea-ce-eap         intellij-idea-eap            intellij-idea-next-ce-eap    intellij-idea-next-eap       caskroom/cask/intellij-idea

"intellij-idea-ce"がCommunity Edition(無償版)なので、こちらの詳細を確認し、インストールします。ほかは有償版やRC版です。

% brew cask info intellij-idea-ce
intellij-idea-ce: 2016.2.4
https://www.jetbrains.com/idea/
/usr/local/Caskroom/intellij-idea-ce/2016.2.4 (68B)
From: https://github.com/caskroom/homebrew-versions/blob/master/Casks/intellij-idea-ce.rb
==> Names
IntelliJ IDEA Community Edition
IntelliJ IDEA CE
==> Artifacts
IntelliJ IDEA CE.app (app)

% brew cask install intellij-idea-ce


IntelliJ Goプラグインダウンロード・適用

IntelliJ IDEAを起動して、Configure→Preferencesをクリックします。
f:id:kitakitabauer:20160922235021p:plain
Plugins→"Search in repositories"リンクをクリックします。
f:id:kitakitabauer:20160922235034p:plain
検索窓に"Go"を入力して、先程のプラグインをインストールします。
f:id:kitakitabauer:20160922235053p:plain
その後intelliJの再起動を促されるので、再起動します。

GitHubのプロジェクトをインポート

ここでは、GitHubのgoプロジェクトをインポートする手順をまとめます。

再び起動したIntelliJにて、configure→Version Control→GitHubから、アカウントを入力し、テスト認証してみます。
f:id:kitakitabauer:20160923002833p:plain

問題なければ"OK"でトップに戻った後、"Check out from Version Control"→GitHubをクリックします。
f:id:kitakitabauer:20160923000003p:plain

インポートしたいGitHubリポジトリURLを入力します。
"Parent Directory"は、ローカルのGOPATHが通っているパスを指定します。
f:id:kitakitabauer:20160924013208p:plain
Clone後、再びトップに戻って、"Create New Project"を選択します。
その後、"Create project from existing sources"をクリックします。
Project Name/Project locationはそのままとします。

Go SDKの設定

Project SDKを設定します。"Configure"をクリックします。
f:id:kitakitabauer:20160923000348p:plain
brewなどでインストールしたgoのGOROOTパスを入力します。
f:id:kitakitabauer:20160923000401p:plain
表示されたGo SDKで問題なければ"Next"をクリックします。
f:id:kitakitabauer:20160923000411p:plain
その後"Finish"をクリックすれば、先程cloneしたGoのプロジェクトが表示されます!
f:id:kitakitabauer:20160923000438p:plain


おしまい。